よくある質問

Q. 評価までの期間はどれくらいでしょうか?
A. 案件によりますが、一般的なケースでは作業開始から約2週間で対応可能です。

≫基本的には、最初の打ち合わせは無料で行います。

Q. 評価の業務委託報酬はいくらくらいでしょうか?
A. 評価の目的や内容によって業務委託報酬が決まるため、金額には幅があります。

評価の業務委託報酬については、評価の目的や内容等によって異なるため、お客様の目的をお聞きしてお見積を提示することとしています。
以下は標準的な見積金額ですが、お客様のご要望により臨機応変に対応させていただきます。

≫簡便的な価値評価(20万円~)
前提条件等を比較的に簡便的に設定した簡易価値算定や、税法の基本通達に基づく評価の場合。

≫通常の価値評価(100万円~)
上場会社のTOBやMBO、少数株主の買取請求、裁判所における株価評価の意見書、M&A等で第三者が介在して、より厳密に合理性をもった価値評価が必要となる場合。

業務委託報酬の幅があるのは、評価の内容の合理性の要求度と必要な情報の入手のための時間とコストがかかってしまうためです。

例えば、裁判やM&Aの価格交渉、少数株主からの買取等を目的とする場合は、外部の第三者である利害関係者が介在することから、評価の内容に厳密な合理性が求められます。
この場合、必要な情報の入手のために時間とコストがかかるケースが多くなります。

一方で、社内での利用等で外部の第三者が介在せず、簡便的な前提条件の設定でも価値算定でも当初の目的を達成できるケースもあり、この場合は業務委託報酬は低くすることが可能です。
Q. 評価以外の税務、M&A、事業計画等の相談も可能ですか?
A. 可能です。

弊社の事業内容は株式評価以外にも以下のようなサービスを提供しています。

≫M&Aや組織再編
  ・デューデリジェンス(買収調査)
  ・組織再編スキームのアドバイス
≫IFRS・USGAAP対応
  ・IFRS適用の際の影響分析及びコンサルティング
  ・外資系会社のIFRSやUSGAAPによる財務レポートの作成支援
≫事業計画作成支援
≫IPO(株式公開)支援
≫経営管理及び内部統制の改善
≫粉飾決算調査・損害査定等

継続して相談をしたい方との顧問契約も締結しています。

弊社は大手監査法人での実務経験を有する公認会計士で構成されており、その深い知識と経験に基づき、中小規模であることを生かした機動的、実践的かつ有益なアドバイスを提供します。